2010年02月08日

<黄砂>飛来情報のHP 環境省が開設(毎日新聞)

  環境省は1日、今年の黄砂飛来情報を知らせるホームページ(HP)を開設した。札幌市から沖縄県国頭村まで国内計12地点と韓国、中国、モンゴルの計5地点の観測データを1時間ごとに更新し、日常生活の中での黄砂予防策などへの活用を呼び掛けている。

 各観測地点の地上から上空1キロまでの平均濃度を円柱で表示。「なし〜ごくわずか」から「非常に多い」まで4段階で表し、屋外に干した洗濯物や交通機関への影響の可能性を知らせる。今年から英語版も公開している。ホームページは5月末までの開設。http://soramame.taiki.go.jp/dss/kosa/

【関連ニュース】
花粉:飛散、1週間ほど早く…東・北日本 環境省予測
石綿:埋め立て処分基準を強化へ 環境省、住民の苦情受け
チッソ:社内報の「桎梏」表現で環境省が会長を注意
環境省:毒ガス弾の可能性のある2発を発見 千葉の調査で
水俣病:「桎梏」表現でチッソ会長を注意−−環境省

民主高嶋氏、石川議員の処分「今は考えず」(産経新聞)
<北九州市>釜山と門司間、5月に新フェリー就航(毎日新聞)
<自民>週末に全国で街頭演説 首相や小沢氏追及(毎日新聞)
成田着デルタ機の主脚格納庫から黒人男性遺体(読売新聞)
被害者は市内の男性=別の場所で刺されたか−福島(時事通信)
posted by ハスラー at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷神をパンで創作 未来のパティシエ 東京(産経新聞)

 菓子やパン作りのプロを養成する国際製菓専門学校(東京都立川市曙町)の学生12人が、江戸時代中期を代表する画家、尾形光琳(1658〜1716年)のびょうぶ画「雷神」をパンで創作した。3日から立川タカシマヤの1階正面口ステージで展示が始まり、買い物客は足を止め、学生の力作に見入っていた。展示は7日まで。

 製作したのは同校製パン専科の学生12人で、昨年末からとりかかった。作品が持つ躍動感やダイナミックさをできるだけ再現するため、パンの数は約3万ピースに及んだ。30近い色の異なる生地を作り、張り方を工夫したという。

 最も苦労したのが雷神の部分が立体的に浮き上がるようにすることで、作品に動きをつけることで奥行きを出した。製作時間は約60時間に及んだ。

 学生の松島歓喜さんは「失敗ばかりで最初は駄目かと思ったが、気合で乗り切った。作品の持つ力強さと迫力を少しでも感じてもらいたい」と話した。

 また同校では6、7の両日、学園祭が開かれ、菓子やパンの作品展示や同校の自家製オリジナルメニューの喫茶コーナー、実演・体験コーナーなどが設けられる。

ロシア警備隊ヘリが銃撃か=操業中の漁船2隻に−国後島沖(時事通信)
<立春>各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度(毎日新聞)
陸山会事件 石川議員ら3被告、保釈(毎日新聞)
<黒澤明記念館>建設資金調達の報告 財団がキャンセル(毎日新聞)
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意(医療介護CBニュース)
posted by ハスラー at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。