2010年02月26日

<無国籍難民訴訟>退去強制処分は違法 東京地裁判決(毎日新聞)

 ベトナム難民の子としてタイに生まれ、無国籍状態で日本に不法入国した53歳と49歳の男性2人が、国にベトナムへの退去強制処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁(杉原則彦裁判長)は19日、訴えを認めた。原告側弁護士によると、2人は退去させられても受け入れる国がなく、日本には同様の境遇の人が20人以上いるという。

 2人は91年に他人名義のパスポートで入国、07〜08年に入管法違反容疑で摘発された。訴えで「ベトナムには行ったことすらない。受け入れてもらえないのに送還先とした処分は違法」と主張した。

 判決は「読めない日本語や英語の書類を使った処分手続きには重大な欠陥がある」と指摘。強制送還の是非は判断せず「再度処分をする際、送還先の指定には特に慎重な検討を要する」と述べた。

 原告側の小豆沢史絵(あずきざわ・ふみえ)弁護士は「2人は地球上どこにも行き場がなく、日本でも滞在を認められない状態が続く。判決が確定したら国に在留特別許可を申請する」と話した。【伊藤一郎】

未承認バイアグラを広告に、「快適生活」幹部逮捕(読売新聞)
長崎知事選敗北を陳謝=「政治とカネ、プラスに働かず」−小沢氏(時事通信)
「性同一性」相談、小中高で十数件 埼玉(産経新聞)
クロージング選出は「光栄」=「おとうと」の山田監督−ベルリン映画祭(時事通信)
自民・石破氏「派閥解消、あつれき覚悟で」(読売新聞)
posted by ハスラー at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3割が「毎日弁当を作る」 「節約」重視で作る機会も増(産経新聞)

 ベルメゾン生活スタイル研究所は昨年12月、全国の20〜49歳女性計1371人に朝の時間帯の活用方法ついて調査した。

 それによると、「朝、弁当を作るか」について、「毎日作る」が全体の29.9%。「たまに作る」(17.9%)と合わせて半数近くの人が弁当を作っていた。作り始めた時期は、全体の56.9%が3年以上前からだった。1年以内の人も16.2%いた。作る機会について、「どちらかといえば増えた」が48.7%で、「増えた」(27.9%)と合わせて7割超が弁当を作る機会が増えていた。弁当のメリット(複数回答)は「昼代、家計の節約」(69.4%)、「余ったおかずの消費」(40.1%)などが上位を占めた。

 また、自分の生活を「夜型」と回答した人(50.6%)のうち朝型に変えたいと考える人は、「変えようとしている」(7.8%)と「変えたい」(44.1%)を合わせ、半数以上の51.9%に上った。「健康に良い」「規則正しい生活」などが主な理由だった。

【関連記事】
九州駅弁ランキング 「かれい川」が3年連続で1位に
提唱の校長定年で最後の「弁当の日」 香川・綾川町
「野菜高騰」家計を直撃! あえて値下げスーパーも
不況で急増“水筒男子” 男性3割に「専業主夫願望」?
ボーナス減って小遣いカット サラリーマンはつらいよ

【from Editor】「桜木町」に桜の木を(産経新聞)
大麻事件摘発の少年「たばこの延長で…」 大阪府警調書分析(産経新聞)
<愛知学院大>野球部コーチが選手に暴力 職務停止処分に(毎日新聞)
<点滴事件>裁判員裁判は異例の2週間に 我が子3人死傷(毎日新聞)
意識不明の3歳女児死亡、同居の無職男が虐待?(読売新聞)
posted by ハスラー at 03:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。