2010年06月16日

こんにゃくゼリー「規制難しい」=対策チーム、7月にも結論―消費者庁(時事通信)

 こんにゃくゼリーの安全規制の在り方を検討する消費者庁の「食品SOS対応プロジェクト」リーダーの泉健太内閣府政務官は15日、食品安全委員会がまとめた安全評価について「規制に至るような基準は見いだせなかった。法規制は現段階では難しい」との認識を示した。
 食品安全委は今月、こんにゃくゼリーがのどに詰まる頻度について「もちに次ぎ、あめと同程度」などとする評価報告書を消費者庁に提出した。
 泉政務官は「期待していた内容とは形が違う」として、大学にこんにゃくゼリーの物的特性や形状と窒息事故との関係について、人体模型を使った実験を依頼するなどデータを補完。その結果を踏まえた上で7月末にも、必要な対応について結論を出すとした。 

【関連ニュース】
宮城県警、廃品業者を家宅捜索=回収で高額請求、消費者庁も立ち入り
ドロップシッピング業者を捜索=「簡単に稼げる」
IT会社、近く強制捜査=ネット仮想空間の投資話
リコール制度改善を検討=国交省などに初の資料請求
誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望

<WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
阿久根市長告発を受理=職員降格問題―鹿児島地検(時事通信)
東京の女性はキレイ好き!? 世界の洗濯事情(Business Media 誠)
「Twitterやめるだう!」――ハマコーが次に目指すものとは(Business Media 誠)
家畜埋却で自衛隊増員へ=菅首相、地元首長と懇談(時事通信)
posted by ハスラー at 19:55| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。